イメージ画像

WiMAX2+を契約するならビッグローブかGMOとくとくBBか?

更新

ワイマックスのプランは変わらない

これからWiMAX2+のサービスを申しこむにあたって最終的に決定しなければならないのは、プロバイダーをどこにするのか?ということですね。

とくにプロバイダーの中でも人気のある「BIGLOBE WiMAX2+ (ビッグローブワイマックス)」と「GMOとくとくBB」で悩むかたが多いということなので、どちらと契約するのがベストなのかを比較してみました。

どちらを選んでもWiMAXとauの回線を使うことになるので、回線速度であったりとか、エリアであったり、速度制限に関する取り決めなどは変わりありません。だからこそ、どちらがいいのか決めかねるのではないでしょうか。

しかし良く比べてみると、細かい違いが大きな違いを生んでいたりします。これからWiMAXの契約を考えている方は特に注意してくださいね!!

まとめはここ

まずはBIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの違いについて理解しておきましょう

GMOとくとくBB WiMAXの売りはとにかく料金が安いことです。ですからBIGLOBE WiMAXと比較してもほとんどのプランでGMOとくとくBB WiMAXのほうが安くなります。ただ、そのかわりGMOとくとくBBは契約から解約に至るまであらゆる部分で手間がかかります。

GMOとくとくBBとBIGLOBEのどっちを選ぶかは、「料金」と「手間」を天秤にかけることになります。言い換えるとGMOと契約したときの「手間」をどれだけ許容できるかってことです。

BIGLOBE GMOとくとくBB
有料オプション なし 2つ(翌月解約可能)
キャッシュバック
受け取り方法
12ヶ月後にマイページで手続き 11ヶ月目以降に送られてくるメールから手続き
解約方法 電話のみ 更新月はWebで解約可
それ以外の月はメールか電話
UIMカードの返却 不要。自分で捨てる 返送必須

それぞれの項目を説明します。

1.有料オプションについて

BIGLOBE WiMAXは契約時にオプションを自分でつけない限りはつきません。一方でGMOとくとくBBは強制オプションが付いてきます。それも2つ。

1つめが「wifiオプション(月362円)」、2つめが「安心サポート(月300円) 」です。

wifiオプションは公衆無線LANサービスです。そもそもモバイルルーター契約したのは外で利用するためなのに有料の公衆無線lanがなぜオプションで付けられるのかが疑問ですね。これは即解除できるので契約後なるべく早めにマイページ(BBNAVI)で解約しましょう。

安心サポートはこちらで内容の確認ができます。

取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。 (中略) 外部損傷、水濡れ、全損は対象となりません。

自然故障なら1年間のメーカー保障がついているので、使うなら2年目以降ですけど、モバイルルーターはそうそう壊れるようなものでもないので不要なら外す必要があります。そもそもBIGLOBE WiMAXにはこうしたオプションすら無いですしね。自己責任ですが、ほとんどの方はオプションを解約します。正直不要ですもんね。

このオプションはすぐに解約できません。端末到着月の翌月以降にマイページから解除手続きが必要です。忘れてしまいそう・・・。

2.キャッシュバックの受け取り方法の比較

キャッシュバックの受け取り方法も把握しておきましょう。GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが難しいことでも有名です。

ビッグローブWiMAXは12ヶ月の継続利用が確認された時点で、振替払出証書が発行されます。これを郵便局に持参すると現金に変えてもらえます。それ以外に手続きは必要ありません。要するにビッグローブは契約時にほとんどの手続を済ませることができて、あとは特典を受けとるのを待つだけです。

GMOとくとくBBはそうはいきません。GMOとくとくBBのキャッシュバック受取条件はこれです。

キャッシュバック特典は、端末お受け取り月を含む11か月目に基本メールアドレス宛に「ご指定口座確認通知メール」を送信し、ご返信があった翌月最終営業日にご指定の口座に振り込みます。(中略)また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。(中略)「ご指定口座確認通知メール」初回送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合

11ヶ月目に1通の電子メールが送られてきます。このメール内容を見ながら手続きを進めないとキャッシュバックを受取る権利が無くなります。11ヶ月目のいつ届くかもわかりません。実際、メールに気付かずにキャッシュバックを受け取れなかった人が続出しているようです。

メールを確認して、手続きをすすめれば、キャッシュバックは間違いなく振り込まれます。ですが気づかなければアウト。普段からいろんな企業からメルマガを受け取っている人は要注意!一緒にスパム扱いにしてしまうかもしれません。その点は注意が必要です。キャッシュバックがイチオシのプランのはずが、キャッシュバックを受け取れないとかシャレになりませんからね。

一方でBIGLOBE WiMAXからもメールは送信されてくるのですが、メールを確認する必要はありません。

「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。

このとおりです。キャッシュバック対象月にマイページで手続きをすれば終わりです。携帯のカレンダーアプリなどで予定を登録しておけば終わりですね。BIGLOBE WiMAXのほうが圧倒的に簡単なんです。

3.解約方法

これはどっちも面倒です。BIGLOBE WiMAX以前はWEB上で解約できたのですが、現在は電話でしか解約できません。混雑していて繋がらないこともあるようです。といってもフリーダイヤルなので料金はかかりません。

GMOとくとくBBは契約更新月の解約はマイページから解約できます。それ以外の月は問い合わせフォームから解約するか、電話で解約を申込みます。電話はフリーダイヤルではないので契約者負担になります。問い合わせフォームから進めるのがいいでしょう。理想は契約更新月の解約でしょう。

4.UIMカードの返却

WiMAXに入れて使うSIMカードですが、普通は契約者側で廃棄します。捨てるだけですね。ところが、「GMOとくとくBB」では返送しないといけないんです。UIMカード。これ返送しないと紛失扱いになって3,000円請求されます。手間がかかります。

GMOとくとくBBはスキあらばお金を取ろうとしてくるし、出来るだけ「キャッシュバック」を受け取らせないような姿勢が感じられますが、だからこそ安く出来るのかもしれません。まずはこの手間を頭にいれたうえで先に進みましょう

WiMAXの契約で1番最初に決めなければならないこと

WiMAXの契約で1番最初に決めなければならないことがあります。それはハイスピードプラスエリアモードを利用するのかどうかです。

現在のWiMAX2+には「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」の2つの通信モードがあります。

  • ハイスピードモード
    WiMAX2+の電波だけ利用。月間の通信制限無し(3日10GB制限はある)。追加料金無し。
  • ハイスピードプラスエリアモード
    auのLTEとWiMAX2+の電波を利用する。このモードを利用した月は追加料金1,005円かかります。このモードで月間7GBを超えると、全てのモードで月末まで7GB制限。

この切替は端末操作で切り替えるだけです。ハイスピードプラスエリアモードを利用したいときに端末で通信モードを切り替えるだけで手軽に使えます。月に7GBまでしか利用できないので、WiMAX2+の電波が届かないところのみ臨時で使う感じになります。LTEを利用する必要がない場所ではハイスピードモードに戻して利用します。

このハイスピードモードを利用するかどうかを決めないと他が決められないんです。

  • 毎月ハイスピードプラスエリアモードを使いたい
  • もしかするとハイスピードプラスエリアモードを使うこともあるかもしれない
  • ハイスピードプラスエリアモードは絶対に使わない

この3つのどれを選択するかで選ぶ料金プラン(機種)とプロバイダ(GMOかBIGLOBEか)が変わってくるんです。

GMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAXの料金プランを比較

長々と解説しましたが、料金プランを比較していきましょう。現在のWiMAXの契約は3年契約が主流になってしまいました。3年プランはハイスピードプラスエリアオプション利用時にかかる「LTEオプション料1,005円」がかかりません。無料でハイスピードプラスエリアモードが使える代わりに契約期間が3年になりました。

実は契約期間が3年になることによって割高になっています。これは後ほど細かく料金を算出するのでそちらを参照ください。

ですから料金を安くしたければ2年プランを選ぶべきなんです。一方で毎月必ずハイスピードプラスエリアモードを利用するなら3年プランのほうが安くなります。これが先程の選択肢だったわけです。

  • 毎月ハイスピードプラスエリアモードを使いたい
  • もしかするとハイスピードプラスエリアモードを使うこともあるかもしれない
  • ハイスピードプラスエリアモードは絶対に使わない

料金が安いプランから見ていきましょう。ようやくどちらのプロバイダーを選ぶべきかが分かってきますよ!

ハイスピードプラスエリアモードは絶対に使わない

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)は使わずにWiMAX2+回線だけで運用するなら。2年プランがオススメです。実質月額2,000円台で利用できるのは2年プランだけです。

GMOとくとくBBの2年プランで契約できる機種はW05とW04でどちらもファーウェイ製、一方BIGLOBE WiMAXで2年契約できるのはNEC製のWX03です。

gmo w05 gmo w04 biglobe wx03
初月 3,609 3,609 0
1-2ヶ月 3,609 3,609 3,695
3-24ヶ月 4,263 4,263 4,380
合計 104,613 104,613 103,750
キャッシュバック 32,500 34,000 33,000
実質月額 2,884 2,824 2,830

BIGLOBE WiMAXのWX03のキャッシュバックは30,000円ですが、今月は契約時の初期費用3,000が無料になるキャンペーン中のためこれもキャッシュバック扱いにしています。

実質月額は2年縛り+サービズ開始月の計25ヶ月で算出しています。一番安いのは「GMOとくとくBB WiMAXのW04ですね!」って言いたいところですが。覚えていますか?最初に説明した手間を・・・。

キャッシュバックや有料オプション解約の手間もそうですし、最後にUIMカードを郵送します。封筒にいれて!これだけで、少なくとも82円。さらに郵送されたかどうかの確認をするために(念の為。GMO相手ですし)特定記録郵便を使うとさらに160円です。

GMOとBIGLOBEの月額差はわずかに6円。25ヶ月でも150円の差しかありません。そのためにUIMカードの郵送料金を考えるとむしろGMOで契約するほうが高くつく可能性もあります。

ということでハイスピードプラスエリアモードを絶対に使わないなら、BIGLOBE WiMAXのWX03が一番オトクです。

 BIGBLOBE WiMAX公式ページへ

もしかしたらハイスピードプラスエリアモードを利用することがあるかもしれない

普段は使わないけど、1年に数回は(例えば旅行とか)で使うことがあるかもしれない。確実に使う予定はないけど、一応ハイスピードプラスエリアモードがついている機種がいいなら、これは2年プランのGMOとくとくBBを選ぶといいでしょう。

少しでも安くしたいならW04を契約すべきです。アップロードをよく使うなら上り最大速度がアップしたW05のほうがいいですね。

W04とW05のスペックの違いは以下の通りになります。

w05 w04
通信速度 下り最大708Mbps(LTE利用時)
上り最大75Mbps
下り最大708Mbps(LTE利用時)
上り最大37.5Mbps
SIMカード Nano SIM Micro SIM

この2機種はさほど差がないので、少しでも安く契約したいならW04、いやいや最新機種のほうがいいでしょうならW05で良いと思います。

ということでハイスピードプラスエリアモードを使う可能性がわずかでもあるなら、GMOとくとくBB W04が一番オトクです。

 GMOとくとくBB WiMAX公式ページへ

最後に毎月ハイスピードプラスエリアモードを利用するあなたは

最後に、毎月ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合はGMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAXどちらで契約するのがいいの?と思っているあなた。今月は比較対象にもう1社加えさせてください。それはSo-net WiMAXです。早速この3社で料金比較いきます。

gmo so-net(wx04) biglobe
初月 3,609 0 0
1-2ヶ月 3,609 3,280 3,695
3-24ヶ月 4,263 3,280 4,380
合計 155,769 118,080 156,310
キャッシュバック 42,000 0 30,000
実質月額 3,074 3,191 3,413

なんでSo-netを入れたかというと、3年プランはBIGLOBE WiMAXが高すぎなんです。これでは手間がかかるからGMOとくとくBB以外の契約先を考えている人にオススメできません。So-netはキャッシュバックはなく月額割引きプランだけやっています。月額割引でずっと同じ料金です。キャッシュバックの面倒な手続きも必要ありません。料金はWX04の価格ですが、いまならクレードルがついてこの価格です。

So-netもBIBLOBE同様に有料オプションはつきません。解約時もWEBで解約できます。ですから余計な手間をかけずになるべく安く契約したいならSo-netのWX04をおすすめします。ただひたすら安く!という方はGMOとくとくBBですね。面倒な手間を避けたいならSo-net WiMAXでwx04を契約するのがいいでしょう。

 So-net WiMAX公式ページへ

まとめ

契約の基準は以下の3つ

これが今月は一番オトクな契約プランです。

このページの先頭へ