イメージ画像

WiMAX2+を契約するならビッグローブかGMOとくとくBBか?

更新

ワイマックスのプランは変わらない

これからWiMAX2+のサービスを申しこむにあたって最終的に決定しなければならないのは、プロバイダーをどこにするのか?ということですね。

とくにプロバイダーの中でも人気のある「BIGLOBE WiMAX2+ (ビッグローブワイマックス)」と「GMOとくとくBB」で悩むかたが多いということなので、どちらと契約するのがベストなのかを比較してみました。

どちらを選んでもWiMAXとauの回線を使うことになるので、回線速度であったりとか、エリアであったり、速度制限に関する取り決めなどは変わりありません。だからこそ、どちらがいいのか決めかねるのではないでしょうか。

しかし良く比べてみると、細かい違いが大きな違いを生んでいたりします。これからWiMAXの契約を考えている方は特に注意してくださいね!!

今月は圧倒的にこっちです

まずはBIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの違いについて理解しておきましょう

GMOとくとくBB WiMAXの売りはとにかく料金が安いことです。ですからBIGLOBE WiMAXと比較してもほとんどのプランでGMOとくとくBB WiMAXのほうが安くなります。ただ、そのかわりGMOとくとくBBは契約から解約に至るまであらゆる部分で手間がかかります。

GMOとくとくBBとBIGLOBEのどっちを選ぶかは、「料金」と「手間」を天秤にかけることになります。言い換えるとGMOと契約したときの「手間」をどれだけ許容できるかってことです。

BIGLOBE GMOとくとくBB
有料オプション なし 2つ(翌月解約可能)
キャッシュバック
受け取り方法
12ヶ月後にマイページで手続き 11ヶ月目以降に送られてくるメールから手続き
解約方法 電話のみ 更新月はWebで解約可
それ以外の月はメールか電話
UIMカードの返却 不要。自分で捨てる 返送必須

それぞれの項目を説明します。

1.有料オプションについて

BIGLOBE WiMAXは契約時にオプションを自分でつけない限りはつきません。一方でGMOとくとくBBは強制オプションが付いてきます。それも2つ。

1つめが「wifiオプション(月362円)」、2つめが「安心サポート(月300円) 」です。

wifiオプションは公衆無線LANサービスです。そもそもモバイルルーター契約したのは外で利用するためなのに有料の公衆無線lanがなぜオプションで付けられるのかが疑問ですね。これは即解除できるので契約後なるべく早めにマイページ(BBNAVI)で解約しましょう。

安心サポートはこちらで内容の確認ができます。

取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。 (中略) 外部損傷、水濡れ、全損は対象となりません。

自然故障なら1年間のメーカー保障がついているので、使うなら2年目以降ですけど、モバイルルーターはそうそう壊れるようなものでもないので不要なら外す必要があります。そもそもBIGLOBE WiMAXにはこうしたオプションすら無いですしね。自己責任ですが、ほとんどの方はオプションを解約します。正直不要ですもんね。

このオプションはすぐに解約できません。端末到着月の翌月以降にマイページから解除手続きが必要です。忘れてしまいそう・・・。

2.キャッシュバックの受け取り方法の比較

キャッシュバックの受け取り方法も把握しておきましょう。GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが難しいことでも有名です。

2018年にはいってBIGLOBE WiMAXも銀行振込になりました。手続きは12ヶ月後です。これではGMOとくとくBBと大差ありませんね

GMOとくとくBBのキャッシュバック受取条件はこれです。

キャッシュバック特典は、端末お受け取り月を含む11か月目に基本メールアドレス宛に「ご指定口座確認通知メール」を送信し、ご返信があった翌月最終営業日にご指定の口座に振り込みます。(中略)また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。(中略)「ご指定口座確認通知メール」初回送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合

11ヶ月目に1通の電子メールが送られてきます。このメール内容を見ながら手続きを進めないとキャッシュバックを受取る権利が無くなります。11ヶ月目のいつ届くかもわかりません。実際、メールに気付かずにキャッシュバックを受け取れなかった人が続出しているようです。

メールを確認して、手続きをすすめれば、キャッシュバックは間違いなく振り込まれます。ですが気づかなければアウト。普段からいろんな企業からメルマガを受け取っている人は要注意!一緒にスパム扱いにしてしまうかもしれません。その点は注意が必要です。キャッシュバックがイチオシのプランのはずが、キャッシュバックを受け取れないとかシャレになりませんからね。

一方でBIGLOBE WiMAXからもメールは送信されてくるのですが、メールを確認する必要はありません。

「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。

このとおりです。キャッシュバック対象月にマイページで手続きをすれば終わりです。携帯のカレンダーアプリなどで予定を登録しておけば終わりです。ただどちらも忘れなければ問題なく手続きできるはずですから特に大きな差はありません。

3.解約方法

これはどっちも面倒です。BIGLOBE WiMAX以前はWEB上で解約できたのですが、現在は電話でしか解約できません。混雑していて繋がらないこともあるようです。といってもフリーダイヤルなので料金はかかりません。

GMOとくとくBBは契約更新月の解約はマイページから解約できます。それ以外の月は問い合わせフォームから解約するか、電話で解約を申込みます。電話はフリーダイヤルではないので契約者負担になります。問い合わせフォームから進めるのがいいでしょう。理想は契約更新月の解約でしょう。

4.UIMカードの返却

WiMAXに入れて使うSIMカードですが、普通は契約者側で廃棄します。捨てるだけですね。ところが、「GMOとくとくBB」では返送しないといけないんです。UIMカード。これ返送しないと紛失扱いになって3,000円請求されます。手間がかかります。

GMOとくとくBBはスキあらばお金を取ろうとしてくるし、出来るだけ「キャッシュバック」を受け取らせないような姿勢が感じられますが、だからこそ安く出来るのかもしれません。まずはこの手間を頭にいれたうえで先に進みましょう

WiMAXの契約で1番最初に決めなければならないこと

まずはじめに契約プランを選ぶ必要があります。

いまWiMAXの契約で選べるプランは2つ。

  • 2年ギガ放題
  • 3年ギガ放題

この2種類です。違いは何かというとハイスピードプラスエリアモードを利用した時にLTEオプション料金 月1,005円が有料か無料かの違いです。

2年契約だと有料で、3年契約だと無料になります。

3年契約は長いかもしれませんが、利用できるエリアがかなり広がります。これまでは買い物で大型ショッピングモールにはいるだけで圏外。電車移動で圏外、地下鉄で圏外。高速道路で圏外。と圏外が多すぎてスマホをつなぎ続けるのに少し不便なところがありました。ただ月1,005円も追加で払いたくはないので我慢していましたが、それもこれまで。

今後の契約はハイスピードアンドエリアモードも追加料金無しで使える3年ギガ放題プラン一択です。

GMOとくとくBBとBIGLOBE WiMAXの料金プランを比較

3年ギガ放題プランで契約できる機種はW05とWX04の2機種です。ご存知のかたも多いかも知れませんがWX04は発売当初から不具合の連続でした。2018年5月のアップデートでだいぶマシにはなったようですが、発売から半年たってようやくアップデートで対策された感じです。わざわざそんな地雷機を契約する必要はないと思うので無難にW05にしておきましょう。

そして料金を比較した結果がこれ

gmo biglobe
初月 3,609 0
1-2ヶ月 3,609 3,695
3-36ヶ月 4,263 4,380
合計 155,769 156,310
キャッシュバック 42,100 30,000
実質月額 3,072 3,413

いや、あまりにも料金差がありすぎます。1ヶ月あたり340円の差です。3年間で12000円もの差に。さすがにこれだけ金額差があってキャッシュバックの受け取り方法も大差ないとなると、BIBLOBE WiMAXを契約する理由が見つかりません。今月はGMOとくとくBB WiMAXでの契約をオススメします。

今月はGMOとくとくBB WiMAX W05 3年ギガ放題キャンペーンで決まり

gmo wimax

圧倒的な料金差でGMOとくとくBBに決定

さすがに12000円も差がついてしまうとBIGLOBE WiMAXと契約をしようとは思えません。

今月のオススメはGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでW05を3年ギガ放題契約しましょう。

3年で12000円も節約できるGMOとくとくBBのキャンペーンはこちら

このページの先頭へ