イメージ画像

WiMAX2+を契約するならビッグローブかGMOとくとくBBか?

更新

ワイマックスのプランは変わらない

これからWiMAX2+のサービスを申しこむにあたって最終的に決定しなければならないのは、プロバイダーをどこにするのか?ということですね。

とくにプロバイダーの中でも人気のある「BIGLOBE WiMAX2+ (ビッグローブワイマックス)」と「GMOとくとくBB」で悩むかたが多いということなので、どちらと契約するのがベストなのかを比較してみました。

どちらを選んでもWiMAXとauの回線を使うことになるので、回線速度であったりとか、エリアであったり、速度制限に関する取り決めなどは変わりありません。だからこそ、どちらがいいのか決めかねるのではないでしょうか。

しかし良く比べてみると、細かい違いが大きな違いを生んでいたりします。これからWiMAXの契約を考えている方は特に注意してくださいね!!

  当サイトおすすめのWeb限定キャンペーンはコッチ!!

料金プランを比較

料金プランを比べてみましょう。WiMAX2+にかかる費用は「初期費用」「月額料金」「端末代金」です。料金がどの程度変わるのかというのが焦点になります。WiMAX2+のギガ放題(使い放題プラン)で比較します。

まずはGMOとくとくBB

  • 初期費用:3,000円
  • 月額料金1〜2ヶ月:3,609円
  • 月額料金3〜24ヶ月:4,263円
  • 端末代金: 0円

次にビッグローブWiMAX

  • 初期費用:3,000円
  • 月額料金1〜2ヶ月:3,695円
  • 月額料金3〜24ヶ月:4,380円
  • 端末代金: 0円

月額で117円GMOとくとくBBのほうが安い計算になります。さらに、とくとくbbでは毎月100ポイントのポイントバックがあります。このポイントは1ポイント=1円換算で月額料金に充てることができます。ですから実際には、月額がさらに100円分差がつきます。

実質月額で217円の差に。WiMAX2+は2年契約ですから24ヶ月で5,208円の差になります。月額料金2ヶ月弱ほどの差もついてしまうことになります。

キャッシュバックの違い

キャッシュバックはどっちがお得

続いてキャッシュバックを比較します。

まずはキャッシュバックされる金額を確認しましょう。GMOとくとくBBはキャッシュバックされる金額が端末によって変わります。

分かりづらくなるので、いま一番人気のWX02を契約すると仮定して比較してみましょう。

  • GMOとくとくBB: 33,000円
  • ビッグローブWiMAX: 20,000円
  • ビッグローブWiMAX:ポイントバック21,600ポイント

今月のキャッシュバック額はGMOとくとくBBが13,000円多いです。

キャッシュバックの受け取り方法の比較

キャッシュバックの受け取り方法も把握しておきましょう。GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが難しいことでも有名です。

ビッグローブWiMAXは12ヶ月の継続利用が確認された時点で、振替払出証書が発行されます。これを郵便局に持参すると現金に変えてもらえます。それ以外に手続きは必要ありません。要するにビッグローブは契約時にほとんどの手続を済ませることができて、あとは特典を受けとるのを待つだけです。

GMOとくとくBBはそうはいきません。GMOとくとくBBのキャッシュバック受取条件はこれです。

キャッシュバック特典は、端末お受け取り月を含む11か月目に基本メールアドレス宛に「ご指定口座確認通知メール」を送信し、ご返信があった翌月最終営業日にご指定の口座に振り込みます。(中略)また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。(中略)「ご指定口座確認通知メール」初回送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合

11ヶ月目に1通の電子メールが送られてきます。このメール内容を見ながら手続きを進めないとキャッシュバックを受取る権利が無くなります。11ヶ月目のいつ届くかもわかりません。実際、メールに気付かずにキャッシュバックを受け取れなかった人が続出しているようです。

メールを確認して、手続きをすすめれば、キャッシュバックは間違いなく振り込まれます。ですが気づかなければアウト。普段からいろんな企業からメルマガを受け取っている人は要注意!一緒にスパム扱いにしてしまうかもしれません。その点は注意が必要です。キャッシュバックがイチオシのプランのはずが、キャッシュバックを受け取れないとかシャレになりませんからね。

biglobe wimaxキャンペーンにポイントバックが追加

ビッグローブポイントバック

2015年11月のキャンペーンからビッグローブwimaxのプランにポイントバックプランが追加されました。

毎月900ポイントが付与され、付与されたポイントはbiglobe wimax2+料金から毎月値引きすることができます。Gポイントは1ポイント=1円換算されるため、毎月の支払いを900円安くすることができます。

Gポイントのポイントバックを利用すれば、キャッシュバックを受け取るまで1年も待つことなく、毎月の支払いを975円安くすることができます。

毎月の支払い料金を下げるならこっちのプランのほうが簡単ですね。これでGMOとくとくBBよりもさらに特典が受取やすくなりました!!

ポイントバックキャンペーンの詳細はこちらで確認

故障対応

モバイルルーターはスマートフォンなどと違ってあまり直接操作をすることもないため、電源をいれたら鞄にいれたまま、なんてことも少なくないので頻繁に故障するものでもありません。それでも機械なので、初期不良や、通常使用していても故障するケースもあります。

ビッグローブワイマックスは初期不良・故障に対しては、メーカーの保証規定に沿って、auショップにて修理・交換をすることになります。一方でGMOとくとくBBはauに持ちこみの対応は認めておらず、故障したらとくとくBBへ郵送し、修理後返送という対応しかしておりません。auショップに持ちこめるメリットは代替機種などがあれば修理期間中はそれを貸してもらえることです。郵送で修理対応になってしまった時には数週間手元に何も残らないなんてことになってしまいます。

解約の方法

ビッグローブWiMAXは解約は全てWebサイトで完結できます。SIMカードの返送義務もないために、更新月のギリギリまで利用して解約処理をすることもできます。

GMOとくとくBBは加入はすべてWebでできるのですが、解約は契約時に端末に同封されている解約書類に必要事項を記入し、SIMカードを一緒にいれて郵送しなければなりません。しかも、解約したい月の20日の2営業日前にはGMOとくとくBBに到着するように送らないといけません。となると遅くとも15日前後には送らないといけないでしょう。更新月は半月程度しか利用できません。それでも月額料金は1ヶ月とられます。手間がかかる上に、損した気分になります。

当サイトおすすめはビッグローブWiMAX2+

料金や特典については、どうしてもキャッシュバックでないといけないなどの条件がない限りは、大差ありません。特典の価値はほとんど同じですし、料金プランも大きな差はありません。

ですが、GMOとくとくBBは細かい部分で手間が大きいです。とくに解約の時に郵送するのが遅れてしまった場合などは、解約月が翌月扱いになります。WiMAX2+の契約は2年毎の契約で更新月に解約しなかった場合は、次の2年も自動更新されます。

解約が翌月扱いになるとキャンペーン期間が終了しているため、月額料金4,849円とられて、さらに25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円が徴収されます。

ほんとうに細かいところですが、こうした面倒で余計な費用を払わされたり、キャッシュバックを受けとり損ねると大損です。できるだけ手間がかからず、契約、解約ができるビッグローブWiMAX2+を当サイトはオススメします。

特にこうしたWebでの申しこみや契約などの作業をやったことがない方や、WiMAXの申し込みが初めての方は「まず」ビッグローブWiMAXから初めて、2年後のキャンペーン期間が終了するときにGMOでもどこへでも乗り換えをすればいいと思います。

それでも自分はキャッシュバックが多い方がお得だと思うし、手続きが面倒でもすべて自己責任でこなせる!という方はGMOとくとくBBのキャンペーンから申し込みましょう。

  GMOとくとくBB Web限定キャンペーンはこちら

このページの先頭へ